海外と国内のバイナリーオプション業者の違い

海外と国内のバイナリーオプション業者の違い

バイナリーオプションは、為替金融商品の一種です。
株価や為替など売り買いする金融商品の場合には現段階の価格から将来、その値動きが上がるか下がるかを予測して買ったり売ったりするものであり、その損益は値動きに比例して増減することになります。
一方でバイナリーオプションは将来の値動きを予測するのは一緒ですが、損益は固定されているのが大きな違いです。

バイナリーオプションでは、ある時間の段階で上がるか下がるかを予測し、定められた時間に上回っているか下回っているかで損益が確定される仕組みとなっています。
最大損益額が限定されますが、バイナリーオプションは少額からさまざまな指数を対象にして取引されているため幅広く人気を集めています。

バイナリーオプションは、海外が発祥の地ですが、国内のFX取引業者やネット証券を中心に行われています。取引の仕方は海外、国内ともにそれほど違いはありませんが、日本では2013年から自主規制ルールが設けられるなど、やや取引に違いが生まれてきています。海外業者のメリットは、規制がゆるく自由な取引が行える点で、日本人向けに日本語でサイト案内を行なっている業者も多くあります。

一方で、無登録で営業しているところもあり、一部には支払いを行わない悪質業者もあるとされ注意が必要です。
一方で、国内業者は規制があり、やや取引の自由度が厳しいものの大手のFX取引業者やネット証券を利用すれば安全な取引を行うことができます。

copyright(C)バイナリーオプションを攻略